【6月ヨガクラステーマ】~梅雨を乗り切る!消化力を高めるヨガ~

ヨガ/陰ヨガ/HARUKA/郡山/須賀川

 

ヨガインストラクターのHARUKAです。

 

季節ごとに現れやすい症状や不調を改善するため、毎月テーマを変えてヨガクラスを開催しています。

 

6月のクラステーマは…

 

~梅雨を乗り切る!消化力を高めるヨガ~です。


 

梅雨の季節がやってきました。

私が住んでいる東北はまだ梅雨入りしていませんが、空気は湿気を帯び、かなりジメジメとしています。

 

東洋医学では湿度が高くなると「脾」に影響が出やすくなると言われています。

「脾」は食べ物の消化・吸収を行い、そこから得られた栄養分を基に血・水を作り出し、全身へ運ぶ役割があります。

機能が低下すると、消化不良や食欲不振などの症状が現れたり、栄養分が全身に行き渡らなくなることで、倦怠感や不眠の原因となったりします。

また、外気の湿度が上がることによって、体内の水分調節がうまくできなくなり、むくみを引き起こすこともあります。

 

「脾」は考えすぎたり思い悩むことでも、その働きが低下します。

 

雨が続いて、室内で過ごすことが多くなるこの時期は、マインドも少し下向きになりがちです。 

ヨガをするのももちろんひとつの方法ですが、カフェでのんびり過ごす・読書する・撮り溜めたドラマを観るなど、自分に合ったリフレッシュ方法を積極的に取り入れて、体も心も気分転換することが大切です。

 

食べることが好き!という方は、食生活からも「脾」を整えることができます。

甘味のある食べ物には、栄養分を補給し、胃腸の働きを整える作用がありますので、積極的に取り入れてみてくださいね。

※ただし、食べすぎは注意です!!

 

例)ジャガイモ、豆腐、うなぎ、はちみつ、大麦、ナス、人参、とうもろこし、かぼちゃ、胡桃、栗、バナナ、ぶどう、お米、牛乳

 

この時期に溜まってしまった不調をそのままにしておくと、次の季節・夏にも影響を及ぼします。

夏は気温も上がり、心身ともにさらに負担がかかります。

疲れが溜まると胃腸に症状が出やすいという方は、今のうちからしっかりとケアしてあげましょう。

 

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

■今月のヨガクラスは内臓の動きを活性化させるツイストのポーズや、「脾経」「胃経」の経絡が通っている体の前面を意識したポーズを中心に行い、消化吸収・水分代謝をサポートしていきます!

 

※クラススケジュール・予約はこちらから。

※出張ヨガも承ります。お気軽にお問い合せください。